メンダコの耳のようなものの正体はヒレ!ついている意味は?

どうも、ちゃぴ(oyacreblog)です!

メンダコといえば、頭についている耳のようなものがかわいいですよね。

あの耳のようなものは、実はメンダコのヒレなんですよ。

かわいい深海生物!メンダコの生態や特徴など

メンダコの耳のようなアレは「ヒレ」

メンダコについている耳のようなものは、ヒレです。

泳ぐ時は足をふわふわさせて、ヒレをパタパタさせて泳ぎます。

想像しただけでかわいいですよね。

この耳型のヒレは、メンダコだけの特徴ではなく、「コウモリダコ」や「ダンボオクトパス」といった深海に棲む他のタコにもあります。

もしもメンダコに耳(ヒレ)がなかったら

見た目がかわいいと人気のメンダコですが、もしも耳がなかったら同じように人気が出たかどうか。

やっぱり耳があることで、かわいさは増していますよね。

スポンサーリンク

メンダコはヒレをまわして方向転換する

メンダコに耳(ヒレ)がついている理由ですが、それは当然ヒレとしての役割を果たすため。

メンダコは泳ぐときに耳をパタパタさせ、ヒレをまわすことで方向転換します。

また、姿勢を保つためにもヒレを使います。

メンダコの動きはゆっくり

メンダコはエサの少ない深海で生きるために、なるべくエネルギーを使わないようにします。

そのため、動きがとてもゆっくりです。

ただでさえ水族館でも見かけることが少ないメンダコですが、泳いでいる姿を見られたらとてもラッキーです♡

スポンサーリンク

耳(ヒレ)はメンダコのチャームポイント

メンダコの不思議なかわいさは、やっぱり耳(ヒレ)がついているからこそですよね。

耳はメンダコのチャームポイントと言えるのではないでしょうか♡

メンダコについてもっと詳しく知りたい方は「かわいい深海生物!メンダコの生態や特徴など」をご覧ください。

かわいい深海生物!メンダコの生態や特徴など 最後までお付き合いいただきありがとうございます!ちゃぴ(oyacreblog)でした♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です