【サッカー】キッキングとは?レッドカードもありえる悪質な反則行為

どうも、ちゃぴ(chapi_oyacre)です!

サッカーの反則行為(ファウル)はカタカナ語で呼ばれることが多く、ものによっては意味がよくわからないものもあります。

実況者の言っている内容を1つでも理解できるように、この記事では「キッキング」について解説します。

サッカーの反則行為「キッキング」とは?

キッキング(kicking)はその名前の通り、相手プレーヤーを蹴るようなプレーのことを指します。

プレイ中に相手のボールを奪おうとして足を出しに行ったところに、たまたま相手の足が来てぶつっかってしまう

というのはキッキングにはなりません。

ちゃぴ

そういったシーンは、試合中も何度か見ますよね。

ボールではなく相手プレーヤーのすねなど足を直接狙いに行く行為は、「キッキング」という反則になります。

ずんずん

キッキングをしている選手は、明らかに蹴っている足の高さがボールより上だったりするよ。

キッキングは実際に蹴らなくても反則

相手プレーヤーの足を狙いに行ったけど、実際には相手に避けられて当たらなかった…

などの場合でも、「足を狙った」という事実だけでキッキングが認められて反則になります。

ちゃぴ

蹴ろうとするだけでもアウトです!

スポンサーリンク

サッカーでキッキングをした場合の罰則

キッキングは悪質なファウル(反則)行為で、故意に行った選手には一発レッドカード(退場)もあります

キッキングをした場合、相手チームに直接フリーキックを与えることになります。

直接フリーキック・PKの対象になるファウル(反則行為)のまとめ 最後までお付き合いいただきありがとうございます!ちゃぴ(chapi_oyacre)でした♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です